歯医者で治す口内トラブル|痛くない治療で歯っ科り治そう

女性

抜いた後の痛み

歯医者

親知らずは抜いてすぐは麻酔が効いているため、痛みを感じることがあまりありません。しかし、麻酔が切れると痛みが発生し、頬も腫れてしまいます。とはいえ、歯科によって痛みや腫れが異なるので歯科を探すことが大切です。

詳しくはこちら

抜かなくていい場合

医療器具

親知らずは必ずしも抜く必要があるわけではありません。斜めに生えていたり、痛みを伴っていたりする場合は抜くのが適切ですが、残しておくと移植することができるといったメリットがあります。

詳しくはこちら

抜くときは痛くない

歯科

親知らずなどを抜歯する際は、麻酔を施すので痛みを感じることはありません。特に、最近ではさまざまな歯科が痛みのない治療を行なっています。ちなみに、炎症が続くのなら抜歯をすると適切です。

詳しくはこちら

要らない歯

歯医者

実は老後までに、虫歯や歯槽膿漏で歯が抜けてしまったりすることが多いんですよ。中には全部抜けてしまって総入れ歯のおじいちゃんおばあちゃんというのもいますからね。少しでも、1本でも多くの歯を残しておきたいんです。永久歯は一度抜けたらもう生えてくることはありませんからとっても大切な存在。そんな大切な存在の歯なのですが、要らない歯、抜歯したほうがいい歯、抜歯してもいい歯、というのがあるとは御存知ですか?それが「親知らず」なんです。親知らずとは、28本の永久歯の他に4本、奥歯の左右上下に生えてくる歯のことです。20歳前後で生えてくることで親が亡くなった頃に生えてくるというのが由来みたいですね。

むかしは今と違い平均寿命が短かったですから、子どもが成人の頃には親が亡くなっていたということも多いんです。親知らずというのは生えない人もいますし、人によって1本だけだったり4本全て生えたりということもあるんです。そして最大4本のこの歯は要らない歯だとして歯医者さんに抜歯をしてもらうことが可能なんですね。なぜこのような不必要な歯である「親知らず」が生えてしまうのか、気になる歯医者さんでの抜歯についてなどを詳しくお話して行きたいと思います。歯医者さん嫌いの人も多いと思いますが、自分がそもそも親知らずが生えているのかいないのか、どのような生え方をしているのか、一度歯医者さんに見てもらってもいいかもしれませんね。場合によっては抜歯した方がいい、しなくてもいいというのがあるんですよ。練馬や可児市にはさまざまな歯科があるので、自分が信頼できる歯科を見つけて、親知らずの検査をしましょう。

Copyright© 2016 歯医者で治す口内トラブル|痛くない治療で歯っ科り治そう All Rights Reserved.